ページトップ

支援のお願い

夢舞台では、「自主財源」の増強・安定を図るために、皆さまの支援を必要としています。
ご協力をお願いいたします。

数多くのご支援に感謝しております

(特定非営利活動法人 夢舞台 代表理事・ホーム長 新井 秀親)

認定NPO法人を目指しています。

2014年4月より、NPO法人 青少年の自立を支える埼玉の会より発展的独立をし、新たにNPO法人 夢舞台が誕生しました。自立援助ホームとしての活動は6年目ですが、NPO法人としては、まだまだ生まれたてです。どうぞ、青少年の自立を支える埼玉の会 同様に、夢舞台の応援もよろしくお願いします。

さて、NPO法人夢舞台の大きな目標の一つとして、認定NPO法人の認証を掲げています。認定NPO法人を目指す主な理由は以下の通りです。

  1. 寄付金に対して、税制上の優遇措置である寄付金控除等が認められる。(個人および企業・団体や法人)
  2. 法人の社会的信頼性の向上およびそれに伴う事業活動の発展

認定NPO法人になるためには、毎年3,000円以上の寄付者を年間平均100名以上(お名前とご住所が必要となります)集わなければなりません。
その寄付額とその寄付者を認定申請のため、まずは2年度獲得する必要があります。
とても容易なことではなく、皆様のご理解とご協力が無ければ到底たどり着けません。
この認定NPO法人になることで寄付を受けやすい体制となり、子どもたちの生活の安定や支えるスタッフ・ボランティアの方々の生活保障など子どもたちを取り巻く環境が安定することが可能になります。
併せて、子どもたちのその後の居場所確保や相談サポート体制にも厚みのある運営が可能となります。

中核市「川越」への移転計画

新NPO法人夢舞台の大きな目標の一つは、現在の日高市から県内中核市である川越市への移転です。これは、就労自立を目指す子どもたちへの環境整備、および、社会的養護を取り巻く環境の変化から今後のあらゆる事業展開の発展を目指すためと位置付けています。

川越市内で8人定員(原則個室)を要するグループホーム使用可能な物件(二世帯住宅並み以上)を探しています。
移転物件の件で、早速お話しをいただいたものがありますが、物件の移転には大きな課題があります。
現在使用している日高市内にある同様の大きさの物件は、ほぼ皆無です。
新たな不動産購入は資金的に現実的ではなく、賃貸物件を探すにも事業の内容を説明すると賃貸契約を結べない可能性が大きいのです。
また、賃貸物件であっても大幅なリフォームが必要となり、この費用の捻出という厳しい現実の壁が立ちはだかります。
しかしながら、決して諦めることなく、この目標を早期に実現するために、今後とも温かいご支援の程、よろしくお願い致します。

現在の日高市にある物件は、土地70坪(230㎡)、建物53坪(175㎡)です。
川越駅、川越市駅、本川越駅から徒歩20分程度の同等の土地建物を探しています。

法人(企業)の皆さまからのご支援をお待ちしております。

夢舞台では、企業さまなどからの「金銭」および「物品」によるサポートを歓迎いたします。御社の「社会貢献活動」の対象のひとつとして、ご検討いただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

【内容】

  • 自主財源(運営費用)……寄付金としてのサポートとなります。
  • 暮らしに役立つ道具……展示処分品などの電気製品、パソコン、カメラ、在庫整理品などご提供。
法人(企業)の皆さまからのご支援をお待ちしております。

個人の皆さまからのご支援をお待ちしております。

夢舞台では、個人さまの「正会員・賛助会員」としてのご協力をお願いしています。

正会員・賛助会員としてのご登録をお待ちしております。

正会員 個人会員:5,000円 団体会員:10,000円 総会議決権で運営に参加できます。
賛助会員 個人会員:3,000円 団体会員:5,000円 総会議決権はありません。

正会員・賛助会員の方には、夢舞台の活動などを記した『夢舞台通信』をお送りいたします。

※賛助会員の方による賛助会費は、認定NPO法人認証のための要件に該当します。

食材・食品の寄付

*食料品(賞味期限内のもの)
→お米、肉・魚、サラダ油、乾麺、保存食品、お菓子、醤油、味噌、砂糖、塩、ごま油、酒、みりん、缶詰め、など
*日用品・消耗品
→石鹸、食器洗剤、シャンプー、タオル(大・小)、台所用品、切手、テレホンカード、QUOカード、商品券、贈答品(コーヒー、紅茶、タオル)、クーラーボックス、など

ボランティアを募集しています。

夢舞台では「食事(料理)サポート」を募集しています。

  • 食事(料理)……温かい家庭の団らん・夕食を子どもたちに提供してください。材料持ち込みも歓迎します。
  • 月に2~4回程度、1年単位での中長期的に関わっていただける方。
個人の皆さまからのご支援をお待ちしております。